今回は、靴箱の湿気対策について紹介しますね。(笑顔)そこで、今回は靴そのものに焦点を当てていますので、参考にしてみてください。靴というものは足に密着しています。それと外出中は常に履いているものでもありますよね。欧米人などの文化では、家の中でも靴を履いていますよね。ですから、それに比べると、まだ、我が国は靴を履いている時間が短いと言います。ですから、靴を履いている時間が長くなれば当然蒸れてしまいますよね。(汗)更に、雨が降ったりした時も、身に着けている物の中では一番濡れてしまうのが靴になります。(汗)ですから、履き終わった後の靴としては、常に手入れをしなくてはいけませんよね。(汗)また、冬場のブーツなどは、かなり蒸れやすく湿気やすいものがあります。もちろん靴箱に除湿剤などを入れのも一つの対策にはなりますが、湿気のある靴を靴箱にしまい込むという事に躊躇しませんかね。このような場合は、靴の中に丸めた新聞紙を入れてみてください。それでも良いですし、小さな乾燥剤を入れておくのも良い方法です。(笑顔)また、靴の中に入れておく乾燥剤が販売されているので、そのようなものを使っても良いかと思います。(笑顔)特にブーツなどは蒸れやすいですし。雪が降る地方なら、雪によって濡れてしまうことも多々あります。(汗)それなのに、乾きにくいという点もありますので、早く乾かすには、市販のブーツ用除湿剤が良いですね。(笑顔)※私の場合、湿気と一緒に靴の匂いを取りたければ、炭がお勧めですね。

関連ページ