株やFXをする時の相対取引ってどんなもの?

株式やFXなど金融市場で取引を行う場合、原則として市場を通して行われることになります。
しかし、この市場を通さずに取引を行うこともあります。
その取引のことを相対取引と呼んでいます。
ある店では5000円したものが他の店では4000円で売られていた場合など。
しかし株式やFXの場合、市場価格という絶対的な基準があります。
ですから市場を通して取引する限り、誰が相手であろうとも価格は変わらないことになるのです。
この相対取引が行われているのがFXです。
それに対して証券会社が株式市場をもとに取引を行うのが株式投資です。
このように、本来は市場で取引を行うのが原則である商品を、当事者間で取引する手法を相対取引と言います。