火災保険は台風で屋根に被害が出た場合でも下りる?

台風で屋根が飛ばされてしまった場合、または、破損してしまった場合火災保険は適用されるのでしょうか。
台風に限らず、雪や突風、竜巻で屋根が破損した場合、火災保険に加入していれば、対応してもらうことができます。
しかし、屋根の破損では、なかなか火災保険は思いつかないもの。
屋根が破損して、火災保険に入っているにもかかわらず、請求せずにいる人も多いようです。
保険は入っていても、保険会社に請求のための連絡をしなければ支払われません。
忘れずに請求するようにしましょう。
手順としては、修理の見積もりを依頼し、被害の写真を添付、さらに被害の状況をまとめた報告書を保険会社に提出する必要があります。
もし、請求の仕方が分からないという場合は、保険会社への申請を代行してくれる業者もありますので、頼むのも一つの方法です。