リフォームローン金利がお得な銀行とは?シミュレーションは重要です!

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報を登録することはないのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですからリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

リフォームローンを探すオススメの方法としてランキングサイトを利用するのが簡単です。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローンの一体型について紹介します。

分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンがお勧めです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を選んで、見積もりを取ってもらうといった作業も必要になります。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

来店不要でパソコンから申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系というものが2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

引用:http://www.freedomisavoice.com/applied/simulation.html

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税について簡単に説明すると住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告を行わなければ適用されません。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保のあるなしでも金利は変化し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプは2種類に分けられ固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団信の加入可否についてや手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、リフォームをする上でかなり重要ですよね。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

支払に破綻のない返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。